浦和レッズを応援する
ただの赤いおじさんのブログです。

ブログを始めた日:
伸二復帰決定の日
初めてのスタジアム:
伸二初ゴール@横国対フリューゲルス

やっぱ浦和だ!
累計

本日
昨日
<< 前略村上伸次くん | main | おい駒場! >>
ファン・サポーターの皆様へ
 

ファン・サポーターの皆様へ

5月15日(土)に宮城スタジアムで行われたベガルタ仙台戦での試合終了後におきました一部サポーターによるトラブルについて、クラブ独自で事実関係を調査し、サポーターとも関連した話し合いを続け、事実関係の確認を進めて参りましたが、本件につきまして現状をご報告申し上げます。

ペットボトルの投げ込み行為並びに椅子破損に関しては、前回のクラブメッセージでも「当事者に自らお申し出いただきたい」旨掲出し、クラブでも映像等を使用した確認作業を行って参りました。その結果、ペットボトルの投げ込みに関しては、昨日までに6名から、謝罪とホームゲーム2試合の入場自粛の申し出があり、クラブはこれを受諾致しました。なお、この6名については既に22日のアウェーでの湘南戦も自粛しております。
椅子(2脚)の破損に関しては、該当者から弁償の申し出がありました。

一部サポーターの管理エリア内への侵入・チームバス囲みの行為に関しては、昨日までに当事者17名から申し出があり、クラブ及びチームは謝罪を受けました。併せて、当該17名からはホームゲーム2試合の入場自粛の申し出を受け、クラブ内部で協議の上、当該自粛案を受諾致しました。なお、この17名は22日の湘南戦も入場を自粛しております。
また、クラブの調査により、上記17名以外にも、4名をこの行為の当事者として特定したため、クラブは当該4名についても、試合入場自粛を勧告致します。

差別的発言に関しては、ベガルタ仙台から「ベガルタ仙台のチームバス内では確認できなかったものの、チームバスに向かって、2〜3名の浦和サポーターから差別的発言があった」との報告を受け、浦和レッズとしてもクラブスタッフを現地に派遣し、ベガルタ仙台をはじめ、当日担当した警備会社等に、事実関係の確認・調査を引き続き行っております。浦和レッズはこうした差別的発言について、いかなる理由があろうとも絶対にあってはならないことと強く認識しております。

浦和レッズは、今回のトラブルに限らずスタジアムでの観戦ルールに反する行為等について、早急に改善を図る必要があると考えています。
クラブはこれまで、問題が発生した時には、ファン・サポーターの皆様と共に話し合いを行ってきました。クラブは一方的に当事者へ処分を科すことを目的とせず、当事者自らが反省し、そして観戦ルールやマナーについてクラブと一緒に考えることを重要視してきました。今後もこの姿勢は継続していきます。
しかしながら、今後このような行為があった場合には、クラブとして厳しく対処せざるを得ません。
とりわけ、「差別的発言」「暴力行為」「物の投げ込み」「器物損壊」「立ち入り禁止エリアへの侵入」「スタンド内での喫煙」については早急に取り組んで参ります。

浦和レッドダイヤモンズ
代表 橋本光夫       


だそうです
特にコメントはありません
今日は駒場だ〜

Posted by : urawaredsjp | 浦和レッズ | 05:57 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.urawareds.jp/trackback/1565941
TOP