浦和レッズを応援する
ただの赤いおじさんのブログです。

ブログを始めた日:
伸二復帰決定の日
初めてのスタジアム:
伸二初ゴール@横国対フリューゲルス

やっぱ浦和だ!
累計

本日
昨日
<< 2009年4月25日 市原千葉VS  0対1 | main | 首腰腹 2009 年5月5 日柏餅V S 勝 >>
こしひかりといえば 2009年5月2日 vs新潟 1対0
こしひかりといえば米どころ新潟 アヒル新潟との対戦です

今や浦和と並び、Jリーグの観客動員数アップを背負って立つ新潟
連休ですが首都圏(加須・東松山より内側)のチームより沢山ちけっとを買ってくれます
上のほうまでしっかり埋まってます


子供の部活動の都合で着いたのは試合40分前くらい
レディアにも合えず、サポカレンダー撮影も出来ませんでした。

なんとなくビジュアルの予感がしていましたが
久々にデカユニがでました
浦和のビジュアルは手際の良さでは他チームを大きく引き離していると
自負しておりますが特に撤収の手際の良さは天下一品です

試合はかなり拮抗した感じでした。新潟の3位は運だけじゃないですね。前半からうまくパス回しが出来ません。新潟はプレスも早いしよく動く。最終ラインもしっかりと上がっていて前線から後ろがコンパクト。これが90分続いたら打つ手がない。実際にかなり梃子摺っていた感あり。
最後のパスなりシュートなりがへたくそなんでなんとか助かりました。

しかし、わけのわからん主審副審[m:53]メイン側の副審なんて特にひどかったかも。たぶん、新潟から見てもひどかったと思うけど。

なんだか知らないが、相手2枚目のイエローで退場。
浦和は相手が少なくなるとひかれて益々点が入らなくなるんだよね。

その後は攻めるもののゴールは割れず。

新潟の露骨な時間稼ぎ、痛くもないのにひっくり返ってイエロー貰ってるの。馬〜鹿。

ロスタイムは攻めまくり

最後の最後、闘莉王が頭で決めて勝ち点を2取り戻しました。

この勝ちの価値は高い

今日は高原を後半9分くらいから投入しましたが
これといって目立った活躍はなし

しかし、
新潟の外国人、もう少し冷静にさせないと駄目だよ。あんなカッカしてたら、このレフリーワンダーランドJリーグじゃやっていけないって
Posted by : urawaredsjp | 浦和レッズ | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.urawareds.jp/trackback/1391655
TOP